読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硬派な競馬予想ブログばさし!

単複中心時々ワイドで常に一着を当てにいく予想をしていきます。あとは日常の云々も時々つぶやきます。

競馬予想:神戸新聞杯

f:id:lachesis6419:20150925214542j:plain


ブルーライトカットメガネを買ってみました。効果のほどは実感できてませんが心なしか疲れ目が軽減されてる気はします。単なるプラシーボ効果もあるでしょうけどJINSを、水原希子ちゃんを信じます。

今回の神戸新聞杯、リアルスティールが万全なら敵なしでしょうが展開も含め色々勘ぐりたくもなるメンツ。それでも阪神2400という割と理想的なコースなので実力順に決まるとは思いますが。本命は言わずもがな

◎リアルスティール

好枠も引いたし、福永騎手が宣言通りため殺しするでもなく皐月賞のような乗り方をしてくれるならここでは相手がいないかと。ドゥラメンテに唯一食らいつけていた馬ですし、相手探しというよりは自分との戦いかと。懸念するなら距離適性ですが、ここのメンツでダービー上位に食い込めたであろう馬はいないし、懸念されるだけ少しでもオッズが良くなればそれに越した事もないでしょう。

◯レッドソロモン

前走古馬混合の鬼ペースで勝負根性を発揮しており、スタミナに関しては文句なしという事で対抗に。前残りできるほど甘いコースではないですが、それでも粘りこむ馬がいるならこの馬かなと思います。リアファルの方が注目されてはいますが、スローペースと重馬場という条件の下の勝利であり、不確定要素が強い分オッズも美味しいこちらの馬に惹かれました。雨が降りそうならリアファルを加えるかチェンジもあり得ましたがどうやら晴れるようなので。自分のポジションが取りやすい枠もプラス。

▲アルバートドック

正直具体的に光る物があるかと聞かれると個人的にそれといった物はありませんが、このメンバーなら期待度は高い方かと。末脚勝負になりやすいコースという事で結果を出しやすいのだろうとは思います。本番の菊花賞の方が向いていそうではありますが、評判通りの力を出せずにここで上位に来れないようではどの道無理でしょうし、目からウロコにさせてくれる事を期待します。

△トーセンバジル

馬券的には今回最も本命視したい一頭。オッズが美味しくなるかはさておき、ラストの勝負になりがちと言われるこのレースなら末脚勝負で頭一つ上回れるのではないかと今までの上がりタイムから推察できます。一瞬のキレと勝ちパターンの位置取りでリアルスティールを上回るとまでは思いませんが、今回四位騎手がわざわざタッグを組んだという事は勝負に出ようとしているのは確実。岩田騎手とはまた異なる乗り方で意表を突いてくれる事にも少し期待。

総括は以下になります。

◎リアルスティール
◯レッドソロモン
▲アルバートドック
△トーセンバジル